【2022】ウルトラマンヒーローショー・ソラマチを詳しく解説!

雑記

こんにちは!ともや先生です!

初めてのヒーロショーに参加です!僕もワクワク♪

ソラマチで行われる無料のイベントです。

ウルトラヒーローベント(5/14・15) | イベント | 東京ソラマチ
ファミリー層から絶大な人気を誇り、生誕55周年を迎えるウルトラマンコンテンツとのコラボイベントです。 会場ではウルトラマングッズの物販や記念撮影会、東京スカイツリータウン10周年にちなんだオリジナルストーリーのステージショーを実施します。おしゃべ
スポンサーリンク

参加前の抽選

参加自体は無料で誰でも出来るのですが、イベント前に「特別観覧席の抽選」がありました。

ソラマチのウルトラマンショップで2,000円以上の買い物をした場合、抽選に申し込める権利が得られるんです。

上記の画像が、実際に買い物をした際に貰った用紙です。

いらないモノをムリに買ってまで抽選する必要はないと思いますが、本当に欲しいモノがあるのであればいいと思います。

ただ気を付けたいのは、雨でイベントが中止になっても、返金等はなんにもありません。

まぁもともと無料のイベントなので仕方ないですね。

ちなみに抽選は見事に外れました。

なので無料観覧をすることにしました。無料観覧は「立ち見限定」です。

スポンサーリンク

当日は40分前到着

2022年5月15日の11時の回に参加することにしました。

行ってみると、ちゃんと立ち見でも参加できるスペースがありました。

40分前に到着しましたが、けっこういいポジションをとれたと思います。

ただ、ど真ん中をとりたいのであれば、1時間前には並ぶべきと思います。

とりあえず待ちます。

スタッフの方達は打ち合わせ?をしているようでした。

開始30分前

30分前になると、係の方から「柵を移動させますので、歩いて移動してください。」というアナウンスがありました。

パイプ椅子のすぐ後ろまで柵を下げてくれました。

画像だとちょっと見づらいかもしれませんが、床に青いテープが貼っていて、「1列目・2列目・3列目」というように「コロナ対策」の為距離をとるよう配慮されていました。

待っている間、スタッフから繰り返し伝えられたルールとしては「フェンスは触らない。」というもの。

特別観覧席の人は15分前からアナウンスがあり、入場していました。

ショーの最中はずっと抱っこ

ショーの内容自体は、本当にザックリ言うとトリガーとティガが協力しあい、敵を倒すというもの。

もしかしたらゼットも来るか!?と期待していましたが、来ませんでした。

ショーの時間、30分はずっと抱っこしていました。

さすがに終わる頃には右腕は痺れて力が入りませんでした。

周りの様子はと言いますと、小学生の子もいました。流石に抱っこするにはムリがあるので、自分の身長で見ていました。

僕はまだ当時の息子が3歳だったので抱っこし続けることができました。が、来年もと言われると厳しいかな。と思う所です。

子どもも参加

司会のお姉さんから一緒にショーに参加するように伝えられました。

  1. 応援は拍手
  2. ウルトラチャージ
  3. 光線

以上3点でショーに子ども達も参加します。

タイミングは司会のお姉さんから伝えられるので、それにあわせてウルトラマンを応援します。勿論ショーの合間に事前練習もありました!

「拍手」はコロナ対策で大声をだすわけにはいかないので、代わりですね。

「ウルトラチャージ」とは、自分の胸に手を当てて、エネルギーをチャージしてからウルトラマンに手を向けて、パワーをわける行為ですね。ウルトラマンがパワーアップします。

「光線」はウルトラマンが実際に行う光線のポーズを真似して、一緒に怪獣を倒します。

三脚でビデオ録画

三脚を使いショーを全て録画しました。

勿論、自分の頭上よりは高く設置しない等、他の人達の邪魔にはならないように配慮はしました。

「その場で楽しかったね。」でおしまいになるのではなく、繰り返し見られるというのは子どもにとってもうれしいのではないでしょうか。

やはり、目の前で「生でウルトラマンが動く」というのは感動します。プロの歌手の生歌みたいなものですね。

臨場感を感じます。

家に帰った後に息子と見ました。

テレビでやっているウルトラマンとはまた違った楽しみがありますよねぇ…

息子もとても喜んで真剣に見ていました。

ちなみに、動画はネットにあげるのはNGです。

まとめ

やはり、無料というのが嬉しいところです。

ですが、抽選は当選したかったですね。間近で見る事ができたら迫力も段違いでしょうし。

また同じようなイベントがあれば是非参加したいです。

今度は有料のウルトラマンショーにも参加したいところです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました