保育園の業務効率化!写真販売は業者委託すべき理由!保育士と保護者のメリット!

保育

こんにちは!ともや先生です!

写真販売って、手でやると大変です!

保育園の業務効率化について!

今回の記事は「手販売」をしている保育園・幼稚園に向けての記事になります。

ズバリ言いますが、経営者として、1番初めに着手するべきは「写真販売」です!!

幼稚園・保育園向け写真販売システム導入実績No.1「はいチーズ!フォト」
「はいチーズ!フォト」は保育園、幼稚園導入数No.1のスクールフォト販売システムです。導入費用、月額利用料無料で、写真の撮影から販売、決済、プリント、配送まですべて「はいチーズ!フォト」におまかせ!
スポンサーリンク

手作業でする写真販売の手間

写真の手販売は、純粋に「大変!」なんです!

実際に、写真販売に追われて、バックレ同然に退職してしまった職員も僕は知っています。

たかが写真?確かにそうかもしれませんが、枚数が膨大になってくると非常に大変なのです。

保育士の手間:過程がたくさん!

保育士の必要な作業を、ザックリと以下にまとめました。

  1. 写真を撮る
  2. 撮った写真を確認する※使えない写真を消す
  3. 写真を一枚ずつプリントする
  4. 展示用アルバムにまとめて番号をつける※場所によっては壁に貼り出す事も
  5. 保護者からお金をもらう※1 提出のない保護者には声をかけたりすることも※2 保護者にはお釣りがないように協力してもらう
  6. 保護者から頂いたお金を確認する※過不足がないか厳重にダブルチェックを行う
  7. 園長等、担当者に提出
  8. どの写真が何枚売れているかを手で計算する
  9. 集計した結果を持って自分で写真をプリントしに行く※時間外で行なっていることが多い
  10. 写真をプリントするのに使ったお金を担当者に請求する
  11. プリントした写真を一家庭毎に手作業で封筒に入れて振り分ける
  12. 保護者に渡す

ざっとまとめただけでも、12過程が存在します。

手作業で写真が販売するというのはとても手間のかかる作業なのです。

特に、お金のやり取りがあるので大変です~汗

それも時間外でやらなきゃいけない作業が多かったりするのですね!

個人的には「写真の振り分け作業」がとっても大変に感じます。

〇〇さん家は〇〇番を〇枚です!

はい!…あれ?1枚足りない…どうして?枚数分プリントしたハズなのに…もう一回プリントしてきます!

その一方

枚数分プリントしたハズなのにこんなに写真が余っちゃった…どうしよう…

保護者の手間:時間が無い!

手販売だと、保護者もけっこう大変です。

インターネット販売でない場合、だいたいアルバム貼りだしですよね?

保育園にお子さんを預けている、お父さん・お母さんは大忙しです。

早めにお迎え来たのはいいけど、ぜんぜん写真が見終わらない…あんまり遅くなると先生にも悪いし、今日はここまでにしておこう!でも期限が…

お迎えの時間か、朝の時間に来て、その場で写真を確認し、番号を控える。これがけっこう大変なんです。

予想されるミス:「金額」「違う写真」

人間が行う以上、ミスは気を付けていても出てしまうモノ

その中で多いのはこの2点です

  • 金額の総額があわない
  • 違う写真が入っていた

現金の受け渡しなので、受け取るときは保護者の目の前で金額の確認をしていても、集計すると合わなかったりするのは、たまにあります。

なんでー!?その場で保護者と一緒に確認したハズなのに!

残念ながら、受け取った後ではもう後の祭りです…

金額自体はたいしたことなかったとしても、必ず園長・担当者に相談して下さい。間違っても自分で帳尻をあわせようとしないでくださいね!

もう一つは「違う写真が入っていた」というもの

保育士としても、写真を振り分けている最中に…

ぜんぜん関係ない写真なのに、なんでこの写真買ったのかな?もしかして番号の書き間違い??

なんて気付くこともあるかと思います。

それは、保護者が番号を書き間違えたのかもしれませんが、1つ1つ確認するのも大変な作業です。

もしかしたら自分の子が映っていなくても、仲の良い子だから買ったのかもしれません。買い忘れを代わりに買ったのかもしれません。

ですが、それを保育士が見分けるのは非常に困難です。

それでも、後から…

買った写真とは違うモノが入っていたんですけど…

と言われるかもしれません。

それが保育者の見間違えか?保護者の書き間違えか?それを判別するのは非常に手間のかかる作業なのです。

スポンサーリンク

写真を業者委託するメリット

これは声を大きくして言わせて頂きます。

経営者となったのであれば写真販売を手作業で行うということは、なくすべきと考えています

業者にもよりますが写真撮影したデータを渡して「あとは全部お願いします」のところがいいと思います。

業者によるのですが販売はインターネットを経由するのに、料金徴収は現金で園に持って行かなくてはいけないケースも存在します。

そこは気を付けたい所ですが、上記に書いた手間がほとんど無くなります。

保育士のメリット①:作業は「撮影・選定」のみ

保育士の行う作業としては写真の撮影・選定」のみです。

そこからは担当者にデータを提出して、アップロードしてもらうだけでおしまいです。

本当にこれだけ。今までやっていた作業がバッサリとなくなるのは嬉しいですね!

選定もしてくれる業者もありますが、撮った以上、選定までは責任を持つべきと考えます。他人の目に触れたくない写真もあるかも?しれませんし。

保護者がインターネット経由で写真を購入してくれるので、具体的に以下の作業がなくなるのです。

  1. 写真をプリントしなくていい
  2. 写真を展示しなくていい
  3. 写真を各家庭毎に振り分けなくていい
  4. 保護者と現金のやり取りをしなくていい

バッサリと作業が効率化されるので、その分別の作業に充てる事ができますね!

保育士のメリット②撮影に人員が割かれない

流石にに日常の写真とまではいきませんが、大きな行事は業者さんがプロのカメラマンさんを手配してくれます。

代表的な例でいくと「運動会」「お遊戯会」あたりでしょうか。

今まで写真撮影に、保育を離れなくてはならない場合でも、これなら大丈夫です!

プロのカメラマンさんが撮った写真なら、こちらも選定をする必要はありません。

大きな行事は、写真屋さんも儲けドコロなので、素直に頼ってしまいましょう。

ただ、実際にどんな写真が販売されているかは一応チェックしておいた方がいいように思います。自分の園の写真ですしね。

日常の写真は変わらず保育士の撮影・写真選定ですが、大きな行事だけでも助かるのではないでしょうか?

保護者のメリット:あいた時間に写真を選べる

今まで保育園に行かなければ見る事が出来なかった写真ですが、インターネットを経由する事で24時間いつでも見る事ができるのです。

つまり、お迎えの時間を気にすることなく閲覧することができるのです。

保護者も子どもを寝かしつけた後や、通勤中の電車の中で、ゆっくりと写真を選べるので大きなメリットと言えるでしょう。

業者さんによるかもしれませんが、掲載期間中に買い忘れた写真も買い直すことができる場合があります。

幼稚園・保育園向け写真販売システム導入実績No.1「はいチーズ!フォト」
「はいチーズ!フォト」は保育園、幼稚園導入数No.1のスクールフォト販売システムです。導入費用、月額利用料無料で、写真の撮影から販売、決済、プリント、配送まですべて「はいチーズ!フォト」におまかせ!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は「保育園・幼稚園の写真販売は業者委託するべき!」という内容でお話させていただきました。

個人的には、かなり手間がなくなるので、経営者として必須だと思っています。

幼稚園・保育園向け写真販売システム導入実績No.1「はいチーズ!フォト」
「はいチーズ!フォト」は保育園、幼稚園導入数No.1のスクールフォト販売システムです。導入費用、月額利用料無料で、写真の撮影から販売、決済、プリント、配送まですべて「はいチーズ!フォト」におまかせ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました